google-site-verification: google0351ab5881654535.html

まもなく工事着手!(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉 21年11月の様子

(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉は大阪市浪速区湊町に計画されている地上40階・高さ135.98mのホテルです。

2021年9月の様子はコチラ!

★所在地/大阪市浪速区湊町1丁目5番33

★敷地面積/3,306.07㎡

★延べ床面積/37,800㎡

★階数・高さ/地上40階・135.98m

★客室数/2064室

★工事着手予定/2021年11月中旬

★工事完了予定/2024年5月中旬

計画地は「JR難波駅」の東側となります。JR難波駅そのものが難波エリア内でも、賑やかさから疎遠の外れた場所に位置しています。

北に「ホテルモントレ グラスミア大阪」が入居する「マルイト難波ビル」。南に「ローレルタワー難波」と南北それぞれ100mを超えるビルに挟まれた谷間に計画地はあります。

東からの眺めです。

2021年11月からの本格的な工事着手に向け、コインパーキング全体がそろそろ閉鎖されるかもと思ったのですが、まだ稼働していました。

西からの眺めです。
北東からの眺めです。

計画地のコインパーキング西側はすでに9月頃に閉鎖され、仮囲いされています。

南東からの眺めです。

谷間を形成する計画地の北側に建つ地上31階・高さ144mのマルイト難波ビルです。

北東からの眺めです。

こちらは計画地の南側に建つ地上39階・高さ133mのローレルタワー難波です。この2棟の高層ビルの間に高さ約135mの本件がすっぽりと収まる形となります。

北東からの眺めです。

高さとしてはこちらのローレルタワー難波とほぼ同じ高さとなりますので、冒頭に記載しているアパホテルから公式に発表された完成予想図と比べますと随分と小さくなります。まあそこはご愛嬌というところで。

東からの眺めです。

梅田と比較すると目立つ再開発の少ない難波エリアですが、2031年のなにわ筋線の開通をひとつの区切りとして、今後は徐々に再開発案件も増えてくると思われます。それまで数少ない難波の賑わいと景観に変化をもたらす計画としてアパホテルには期待しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。