google-site-verification: google0351ab5881654535.html

難波の中心!大阪メトロによるオフィスビル開発!(仮称)Osaka Metro なんばビル 22年7月の様子

南東からの眺め

(仮称)Osaka Metro なんばビルはホテル一栄が入居していたイチエイ総合ビル跡地に、大阪メトロが建築主となり開発する賃貸オフィスビルです。




計画概要

★所在地/大阪市浪速区難波中1丁目6-5、6-6、6-7、6-8

★敷地面積/1,008.30㎡

★延べ面積/7,177.71㎡

★階数・高さ/地上10階・42.53m

★工事着手予定/2022年9月1日

★工事完了予定/2024年3月31日

計画地

計画地は難波のど真ん中。高島屋前の横断歩道を西へ渡った先にあります。大阪メトロだけでなく南海や近鉄などの各難波駅からも数分の徒歩圏内にあります。

現地の様子(2022年7月)

南東からの眺め
南からの眺め

現在は2022年7月までの予定としてイチエイ総合ビルの解体が行われています。

西からの眺め

現在既に大阪メトロ、南海、近鉄などの各難波駅からのアクセス至便な立地ですが、本件の北側阪神高速1号環状線の高架付近の地下に、なにわ筋線の深淵として南海「新難波駅」が2030年度に開業が予定されていますので、更に利便性に恵まれた立地となります。

北からの眺め
北からの眺め

大阪メトロは民営化後、鉄道事業にとらわれることなく多角的な経営方針を打ち出しています。本件もそのものは小規模なオフィスビルながらも、今後不動産事業の拡大を図る上で、この交通至便のプロジェクトは真価を問われる案件となりそうです。




おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    2031年になにわ筋線が開業すると、新しいなんばの中心地とも呼べるような場所なので、この程度の開発ではなく、多少塩漬けして様子見してくれた方が良かったようにも思います。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      そろそろ難波になにわ筋線を見越した大きなプロジェクトがほしいところです。
      そういう意味ではもったいないですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。