google-site-verification: google0351ab5881654535.html

ついにタワークレーンも登場した本町駅直結のオフィスビル建替え再開発!(仮称)安土町3丁目ビル建替計画 22年3月の様子

北西からの眺め

(仮称)安土町3丁目ビルは大阪市中央区安土町の御堂筋沿いにて、積水ハウスにより2023年3月工事完了を予定し建設中のオフィスビルです。

以前現地を訪問してから1ヶ月も経過していませんが、ついに計画地内にタワークレーンが登場しましたので、記事にさせてもらいました。




計画概要

★所在地/大阪市中央区安土町三丁目14番3

★敷地面積/1,410㎡

★延床面積/19,106㎡

★階数・高さ/地上19階・88.88m

★工事完了予定/2023年3月中旬

計画地

計画地は本町駅からすぐ、というか以前の御堂筋安土町ビルは大阪メトロ御堂筋線「本町駅」と1号出入口により直結していました。新ビルも同様に直結すると思われます。

完成予想図

格子状の外観の下部とガラスウォール剥き出しの上部と、高さ50mを境に表情を変えてきます。本計画は地上19階とのことですが、このイメージ図や建築計画のお知らせに記載されている立面図を見る限り20階に見えます。1階のエントランスの天井が相当高いのでしょうか?

現地の様子(2022年2月)

北西からの眺め

工事完了まで約1年となり、ついにタワークレーンが登場し、マストが伸びてジブが空に向かって手を差し出しているようです。本当にここまで長い道のりでしたが、今後は日々成長していく姿を楽しめそうです。

南からの眺め
南東からの眺め
北からの眺め

以前のビル同様に直結するであろう大阪メトロ本町駅1号出入口は、大阪メトロのサイトによると先日までは2022年6月末日まで閉鎖と記載されていましたが、現在は2023年3月まで閉鎖と変更になっています。ビルの完成前に出入口だけ供用するのか?と不思議に思っていましたが、やはり本計画の工事完了と同時期の供用開始のようです。

計画地の西を走る御堂筋を超えたあたりからの眺めです。後方に見えているのは地上30階・高さ102.730mの「クレヴィアタワー御堂筋本町」です。さらに後ろには地上48階・高さ165mの「シティタワー大阪本町」も見え、本計画が完成すると数年で高層ビルが建ち並ぶ新しい風景が誕生することとなります。

ちょっと小ネタ

上記は2021年以降の本町駅周辺の御堂筋沿いと本町通り沿いにある再開発の動きです(以前御堂筋ダイビルを取り上げた際にも掲載した使い回しです。すいません)。梅田ばかりにどでかいオフィスが続々と誕生しますが、本町駅周辺もそれなりに頑張っています。ビルの大きさや供給量では敵いませんが梅田にはない魅力を発信し、小中規模であっても高規格なオフィスを続々と生み出したもらいたいものです。あ。もちろん大規模オフィスであればなお嬉しいですが。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。