google-site-verification: google0351ab5881654535.html

天神祭の花火が目の前に!シエリアタワー大阪天満橋21年5月

シエリアタワー大阪天満橋は北区天満に建設中の30階建てのタワーマンションです。

★所在地/大阪市北区天満一丁目2番の一部

★敷地面積/1,375.21㎡

★延べ面積/18,291.56㎡

★階数・高さ/地上30階・100.590m

★工事完了予定/2022年8月5日

この前タワークレーンが建ったと思っていたところなのですが、来年8月竣工ですので、今後は猛烈な勢いで鉄骨が組み上がっていくことでしょう。

高さは約100m程ですので、高層ビルオタクからすると、特別入れ込むわけではないのですが、周囲にそれほど高さのある建物がなく、また大川が近くに流れているため、開けた空間が確保され、竣工後は思った以上に目立つ存在になるのではないかと思います。

当該地区「天満」や「西天満」という北区の南西の端になるのですが、このエリアは低層の雑居ビルや住居が入り混じりタワーマンションの少ない地域です。

私は先も述べた通り高層ビルオタクではありますが、とにかくまず高層ビルを建てろ!場所を問わず何処にでもビルを建てろ!というわけではありません。

神戸市の都心、三宮、元町あたりほど厳しくとは思いませんが、そろそろ大阪市も用途によって規制する、または誘導するというゾーニングを採用し、タワーマンションはより広い捉え方をした都心外縁部に誘導してもいいのではないかと最近思うようになりました。

とはいえ高層ビルオタクとしては、都会のど真ん中を流れる大川の両サイドにビルが立ち並ぶという、まったく相反する圧倒的な都会感のある光景を見てみたいと思う矛盾した気持ちもあります。

「水都」「最前線」という看板を見ながら、10年後、20年後の大阪の未来について色々と考えてしまいました。

いずれにしても自らの想像を遥かに凌駕する大阪になっていて欲しいものです。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。