google-site-verification: google0351ab5881654535.html

中央区のタワーマンション計画!(仮称)常盤町二丁目計画 21年9月の様子

(仮称)常盤町二丁目計画は中央大通り北側の大阪市中央区常盤町にて建設されているタワーマンション計画です。

★所在地/大阪市中央区常盤町二丁目1番3他7筆

★敷地面積/1,107.68㎡

★延床面積/17,564.44㎡

★階数・高さ/地上31階・99.90m

★工事完了予定/2024年3月31日

東からの眺めです。

6月末に工事着手しましたが、2024年3月の工事完了予定を考慮しますと、目に見える変化はまだまだ先のことかと思います。

南東からの眺めです。

大阪メトロ谷町線及び中央線の「谷町四丁目駅」から近いこともあり、周辺には多くのマンション、オフィス、ホテル、飲食店が混在しています。

北東からの眺めです。

本計画は南の中央大通りに面しており、その上を阪神高速13号東大阪線が走っています。その阪神高速東大阪線を走っていると、本計画も含む阿波座と法円坂あたりを走っていますと、両サイドに高層ビルが随分と増えてきました。

阪神高速東大阪線の阿波座〜法円坂あたりの南北両サイドに建つ100m超のビルを建設予定のものも含めて★印で示してみました。

ここ数年で随分増えました。今後さらに増えると、阪神高速東大阪線を走る際、高層ビルの谷間感を感じられる都会的な区間になることでしょう。

東からの眺めです。

本計画単体だけでは正直特別に注目することはないのですが、上記の事を踏まえると、高層ビルの隙間を埋めていく、ひとつのピースとして、大変楽しみな案件です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。