google-site-verification: google0351ab5881654535.html

低層部、外構工事も大詰め!大手前エリアの再開発!大阪第6地方合同庁舎 22年5月の様子

南東からの眺め

大阪第6地方合同庁舎は大阪市中央区大手前に2022年9月末工事完了を目指して建設中です。当初予定では2022年3月の工事完了を予定していましたが、半年ほど延期されました。




計画概要

★所在地/大阪市中央区大手前3丁目3番10、3番11、3番12、3番17

★敷地面積/6,453.54㎡

★延べ面積/48,902m

★階数・高さ/地上14階・約73.0m

★工事完了予定/(変更前)2022年3月31日→(変更後)2022年9月26日

出典:大阪市

上部にはヘリポートとアンテナ設置用の鉄塔が建てられます。鉄塔の先端までの高さは100.5mとなっています。

完成イメージ図

出典:大阪市

国の地方支分部局が入居する、いわゆるお役所らしい外観です。

出典:大阪市

本町通りに面し、建物の正面入口となる南側には大きな庇が施されています。

出典:大阪市

エントランスホールです。

出典:大阪市

建物の西面の10階あたりにはエコテラスという、憩い空間が設けられます。




計画地

計画地は大阪メトロ谷町線及び中央線の谷町四丁目駅が最寄駅となります。徒歩約5分ほどとなります。

計画地となる大手前地区は大阪府庁舎などの行政機関に関係するビルが多く建ち並ぶエリアです。大阪を代表する観光地大阪城公園からも近く、大阪メトロ「谷町四丁目駅」や大阪メトロ及び京阪の「天満橋駅」からも徒歩圏内ですので、コロナ禍前はサラリーマンと観光客が入り混じる街でした。

全景の様子(2022年5月)

北からの眺め
北からの眺め

大阪府警本部や大阪家庭裁判所、NHK大阪放送局、大阪がんセンター、大阪重粒子線センターなどが隣接するお役所街の色合いの濃いエリアに、お役所らしい外観が馴染んでいます。

西からの眺め
エコテラス

イメージ図にあった憩い空間となるエコテラスが見えています。

南西からの眺め
東からの眺め

屋上に設けられた鉄塔には、アンテナはまだ取り付けられていません。いつになるのでしょう?




低層部の様子(2022年5月)

北からの眺め
東からの眺め
南東からの眺め
北からの眺め
西からの眺め
南からの眺め

北面の足元には一部芝生も敷設されるポケットパーク的な空間が整備されます。第6庁舎からは螺旋階段を使ってこの空間にアクセスできます。

北からの眺め
南からの眺め

また隣接する大阪府庁新別館南館(ホテルプリムローズ大阪)からアクセス可能な階段が整備されます。

西からの眺め

植栽として桜も植えられるようですので、いっそのこと既存の隣接地敷地についても一体的に整備されると、さらにビルの谷間にある憩い空間となるのではないでしょうか。

西からの眺め

西面の2階には外を歩くことのできる回廊のようなものが整備されています。また地下の駐車場への進入路も見えています。

西からの眺め
西からの眺め

エントランスホールが設けられる南面周辺には大きなガラスで覆われています。そして来館者を迎える大変目立つ大きな庇も目に留まります。

西からの眺め
南からの眺め
南からの眺め
東からの眺め

正面エントランスとなるであろう南面です。近くで見るとかなり立派な庇です。植栽も確認され、かなり広く空間が取られています。

この合同庁舎には完成後、周辺から老朽化等による職場環境の低下が著しい関係各局が移転してきます。大手前各所に分散する各局を集約することにより、不動産の流動化を促し、大手前地区の活性化に寄与するものと思われます。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。