google-site-verification: google0351ab5881654535.html

天王寺駅の北側!シティタワー天王寺 21年10月の様子

シティタワー天王寺は大阪市天王寺区茶臼山町にて、2023年3月31日の工事完成を目指して建設中のタワーマンションです。

★所在地/大阪市天王寺区茶臼山町64-2他

★敷地面積/2,196.94㎡

★延べ面積/約17,000㎡

★階数・高さ/地上25階・約86.5m

★総戸数/179戸

★工事完了予定/2023年3月31日

10/18訪問時、建築計画のお知らせは掲示されていませんでしたので、上記の建築計画のお知らせは以前撮影したものです。

出典:シティタワー天王寺公式サイト

近年大阪市内では多くの高さ100mを超えるタワーマンションが建設されていますので、本件のような高さ86.5mでは物足りなさはあります。

計画地は谷町筋に面し、大阪メトロ谷町筋線「天王寺駅」からなら徒歩数分。同じ大阪メトロ御堂筋やJRの「天王寺駅」からでも徒歩5〜7分という大変アクセスに恵まれたマンションです。

南東からの眺めです。

各天王寺駅方面からの眺めです。周囲には高い建物がありませんので、86.5mしかない本件でも十分に目立つ存在となりそうです。

南東からの眺めです。
東からの眺めです。

計画地の東を走る谷町筋を超えたあたりからの眺めです。

北からの眺めです。

裏手から見ると本件のタワークレーンとハルカスが重なります。

北東からの眺めです。
北からの眺めです。

あいにくの逆光ではありますが、本件とハルカスが大変近くにあるのがわかります。

出典:シティタワー天王寺公式サイト
出典:シティタワー天王寺公式サイト

公式サイトでもハルカスを意識した完成予想図が公開されています。

南西からの眺めです。

最後は「てんしば」から計画地に建つタワークレーンの眺めです。

天王寺・阿倍野エリアはJRでは環状線、阪和線、関西本線。近鉄南大阪線に大阪メトロは御堂筋と谷町線と他路線利用が可能な大阪有数のターミナル駅です。

2025年の大阪・関西万博を控え再開発計画ラッシュに沸く大阪において、再開発の計画がまったくない天王寺・阿倍野エリアはある意味異質であり、大阪市内の南北格差の根強さを感じます。

そろそろ同エリアの復権の呼び水となるような開発が計画されないものでしょうか。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。