google-site-verification: google0351ab5881654535.html

御堂筋沿いに地上20階建てオフィスビル!御堂筋ダイビル21年5月

5月21日に発表したダイビルグループ2021年3次期決算説明資料において御堂筋ダイビルの建替え計画についての記述がありました。

新ビルは地上20階、地下1階、延べ床面積は約20,300㎡と記載されていますが、高さについては不明です。

完成予想図を見る限り100mには少し足りないか、ギリギリ届いているか微妙なところかと思います。

現在大林組による解体工事が行われていますが、施工も引き続き大林組が予定されています。

解体は2021年末頃まで行われ、新ビルの竣工は2023年1月末ということでしょうか。

下層階は階高を高めに設計されているようです。2階エントランス部に「テナント専用ラウンド」(ミーティングやソロワークに対応)、「緑化テラス」、「カフェ」(御堂筋の銀杏並木を臨む)などの多様なスペースが設置されます。

明確な記載はありませんが、1階の一部には店舗が入るのではないでしょうか。

ここ数年御堂筋沿いには多くのホテルが建てられましたが、2022年以降の主役はオフィスビルの建替えに変わりました。ただ計画の多くが中央大通り以北(淀屋橋〜本町)に位置し、中央大通り以南(本町〜難波)は本件以外での大型オフィスビル計画はありません。

言わば御堂筋沿いの大型ビル計画の最南に位置するダイビルですが、今後オフィス床の供給梅田一極集中を打破する意味でも、御堂筋沿いに北からの南へ、老朽化したビルの建替えのバトンをダイビルから受け継ぐ計画が現れるでしょうか。

御堂筋沿いからはまだまだ目が離せません。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。