google-site-verification: google0351ab5881654535.html

数少ない四つ橋筋沿いの再開発!(仮称)京町堀一丁目計画 22年3月の様子

南東からの眺め

(仮称)京町堀一丁目計画はNTT都市開発により、大阪市西区京町堀の四つ橋筋沿いにて2023年夏頃の開業を目指して建設中のホテル計画です。



計画概要

★所在地/大阪市西区京町堀1丁目110番、111番1、111番3、112番、113番、114番1、115番2、115番3

★敷地面積/1,232.91㎡

★延べ面積/10,586.36㎡

★主要用途/ホテル

★客室数/191室

★階数・高さ/地上13階・49.60m

★工事完了予定/2023年1月31日

★開業予定/2023年夏頃

出典:NTT都市開発

低層部に2層吹抜けのロビー・レストランを配置し、ガラスウォールから内部の雰囲気が溢れ出ることにより四つ橋筋の賑わいを向上させます。またミーティングルールやフィットネスジムなども設けられます。

計画地

出典:NTT都市開発

計画地は大阪市を南北に貫く四つ橋筋沿いの西に位置しています。最寄駅は大阪メトロ四ツ橋筋線「肥後橋駅」が徒歩5分ほど北にあります。

現地の様子(2022年3月)

西からの眺め
北からの眺め
北からのながめ

現在鉄骨は9階あたりに到達しているようです。

北東からの眺め
東からの眺め
南東からの眺め

四つ橋筋からの眺めです。四つ橋筋は同じく大阪市内を南北に貫く御堂筋や堺筋と比べると、今ひとつ再開発計画が上がってきません。

南東からの眺め

2030年度には四つ橋筋より西に位置する同じ南北道路のなにわ筋にJRの新たな鉄道路線なにわ筋線も開業します。このままでは四つ橋筋は完全に大阪の再開発の波に乗り損ね埋没してしまうのではないかと危惧しています。本計画単独でどうこうできるものではありませんが、なんとか人の集まる施設の開発を、もしくは行政に四つ橋筋そのものの在り方を抜本的に考えてもらいたいところです。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. leon より:

    初めまして
    twitterではよくお見掛けしていました。
    宜しくお願い致します。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      大阪の魅力を発信できればと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。