google-site-verification: google0351ab5881654535.html

西宮市の再開発!JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業 21年8月の様子

JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業は老朽木造建築物が密集している民設の西宮東地方卸売市場の再整備とともに都市格に相応しいにぎわいと魅力のある都市空間の形成を推進し、地区全体の都市機能の更新合理的かつ健全な土地利用を図ります。

南からの眺めです。

計画地はJR「西宮駅」から徒歩1分ほどの南西に位置しています。敷地の一部は南側を走る国道2号線に面しています。

敷地内の様子です。

なかなかの老朽化っぷりです。トタン屋根から差し込む夏の陽射しがなんともいえません。どこからかAMラジオが流れてきそうな雰囲気です。

敷地内の様子です。

空気の流れもなく、昭和の時代からまったく時計の針が動いてないような錯覚を覚えます。これは夜に歩くのはなかなか勇気がいりますね。

出典:西宮市

作業工程として2021年10月より、まず区域東側の建物を解体し、仮説店舗を整備します。そして移転営業完了の後、区域西側の建物を解体し、A街区に新市場を建設。工事完了後、新市場での営業を開始し、東側の仮設店舗を解体後、B街区とC街区の工事に着手します。

全街区の竣工は2026年10月を見込んでいます。

出典:東急不動産
出典:東急不動産

本事業には東急不動産が事業協力者として参加しています。先ほどの昭和の市場が完成予想図ではすっかり垢抜けています。

出典:東急不動産

C街区に予定されているタワーマンションは地上37階建て高さ約133mとされています。

東からの眺めです。

最後はJR「西宮駅」の南口ロータリー付近からの眺めです。正面に見えるマンションの真後ろに先の市場がありますので、5年後には南口ロータリーを見下ろすようにタワーマンションが建つこととなります。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。