google-site-verification: google0351ab5881654535.html

福島のタワーマンション開発!シエリアタワー大阪福島 22年1月の様子

南西からの眺め

シエリアタワー大阪福島は関電不動産開発により、大阪市福島区福島に建設中の2024年1月下旬工事完了予定のタワーマンションです。

計画概要

★所在地/大阪市福島区福島七丁目18番1

★敷地面積/1,282.67㎡

★延べ面積/17,106.01㎡

★階数・高さ/地上30階・98.69m

★工事完了予定/2024年1月下旬

※98.69mは塔屋を含んだ高さか否かは不明です。

計画地

計画地の東側には大阪市内を南北に貫く「あみだ池筋」が走り、最寄駅となるJR環状線「福島駅」からは北西に徒歩10分ほどに位置しています。




完成イメージ図

出典:シエリアタワー大阪福島公式サイト
出典:シエリアタワー大阪福島公式サイト

低層部は黒を基調としていますが、中層から上は不規則に垂直のラインが入り、また階数よっても造りが異なるので、角度によって色々な表情を見せてくれそうです。

現地の様子(2022年1月)

北からの眺め

計画地の南にはJR東海道線と阪神高層11号池田線の高架が走っています。

北東からの眺め

計画地手前に見えているのが「あみだ池筋」です。東にほどほどの大きな通り、南にJRと阪神高速の高架が走っていますので、眺望はこれから先も恵まれ続けると思われます。

南東からの眺め

本計画は2021年8月にはタワークレーンが登場していたのですが、その後の上に伸びていく気配がありません。工事完了予定が2024年1月なので、別段工程が遅れているとは思いませんが、なぜこれほど早くタワークレーンが登場したのか謎です。

南西からの眺め

福島といえば本計画から北西に数棟の高層マンションが建つエリアがあります。上記写真からでも後方に一部が見えています。

南西からの眺め

その既存のタワーマンションと比較すると本件は高さ的には劣るものの、上記の完成イメージに描かれたシックな外観は、福島のビル群に彩を添えるには十分な容姿を備えていることが伺えます。

福島・大淀は梅田からも近く「うめきたⅡ期」の開業も控えていますので、今後もまだまだタワーマンションの計画が出てくるのではないでしょうか。それにより西の鷺洲エリアと合わせて一体的となった大変見応えのあるタワーマンション群へと成長していくことでしょう。




おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    ここも最高部の高さがはっきりしませんね・・・

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      100m超えるか超えないかのビルは特になんぼやねん!って思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。