google-site-verification: google0351ab5881654535.html

西区の男前タワーマンション開発!2022年3月工事完了!クラッシータワー靱公園 22年1月の様子

南西からの眺め

クラッシータワー靱公園は住友商事により大阪市西区京町堀で建設されている2022年3月工事完了予定のタワーマンションです。

計画概要

★所在地/大阪市西区京町堀二丁目67番

★敷地面積/1,802.14㎡

★延床面積/19,439.61㎡

★総戸数/176戸

★階数・高さ/地上27階・95.40m

★工事完了予定/2022年3月下旬

計画地

計画地は大阪メトロ四ツ橋筋線本町駅と同じく大阪メトロの中央線&千日前線阿波座駅から徒歩10分以上要しますが、西区のオアシスでもある靱公園に隣接していますので、住環境としては大変恵まれている人気エリアです。

完成イメージ図

出典:クラッシータワー靱本町公式サイト
出典:クラッシータワー靱本町公式サイト

東西幅が長く、南北幅の2.5倍ほどあります。森永のチョコモナカジャンボを立たせたようなイメージです。

現地の様子(2022年1月)

南東からの眺め
南からの眺め

高さは100mを上回っていないのですが、南面に靱公園のテニスコートが広がり、見る側からすると視認性が高く鑑賞しやすいので、ビル好きには堪らないロケーションです。

南西からの眺め
南からの眺め

南面は低層階であっても、目の前が公園ですので日当たりや眺望確保が約束されています。

西からの眺め

マンションなのにオフィスビルのような佇まいの南面、そこに描かれる青い2本の縦のライン、そして縦横のバランスと前回訪れた際にも感じましたが、やはりこのマンションはめちゃくちゃかっこいいですね。

低層部の様子(2022年1月)

西からの眺め
西からの眺め
北西からの眺め

現在外構と公開空地を整備していますが、計画地は靱公園の北の入口に隣接しているので、植樹された木々も将来的には靱公園の木々と一体化し、人々の憩いの場に相応しいアプローチとなることでしょう。

最後は本件とテニスコートの先に見える本町方面の高層ビルを絡めた風景です。目の前のタワーマンションと遠い先に広がる高層ビルという眺めは、大阪をより都会的な見せてくれます。私は高層ビル好きなので、どうしても高さ的に残念な気持ちは拭えないところはあるのですが、クラッシータワー靱本町は洗練された外観に加え、靱公園の緑やテニスコートに囲まれた環境により、高さ以上の美しさを感じさせてくれるタワーマンションです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。