google-site-verification: google0351ab5881654535.html

高さ164m!南堀江のランドマーク開発!南堀江3丁目プロジェクト 21年11月の様子

北西からの眺めです。

南堀江3丁目プロジェクトは新なにわ筋沿いの宝船冷蔵跡に建設されている2024年10月工事完了予定の関電不動産によるタワーマンション計画です。

2021年7月の様子はコチラ

2021年9月の様子はコチラ

★所在地/大阪市西区南堀江三丁目17番8、8番1

★敷地面積/3,708.92㎡

★延べ面積/53,386.41㎡

★階数・高さ/地上46階・164.58m

★工事着手予定/2021年8月中旬(本体工事)

★工事完了予定/2024年10月末日

計画地は北に大阪メトロ「西長堀駅」。南に大阪メトロ及び阪神「桜川駅」があり、ともに歩いて5分ほどに位置しています。

人気の堀江エリアではあるのですが周囲にはあまり高いビルがありません。ここに約165mのビルが建つとなると相当なインパクトになると思います。

西からの眺めです。
南西からの眺めです。

計画地の西側を走っているのは大変立派な6車線道路の「新なにわ筋」です。鑑賞する側からすると、ビルが大きな通りに面していると、視界が開けるので大変楽しみです。

北西からの眺めです。

計画地の北側も2車線道路にしては余裕のある南堀江公園通りが走っています。こちらからも迫力ある姿を拝めそうです。

北東からの眺めです。
北東からの眺めです。

大阪市内では来年2022年に「梅田ガーデン(高さ約192m)」「シティタワー大阪本町(高さ約165m)」「グランドメゾン新梅田タワーThe Club President(高さ約178m)」と立て続けに超高層のタワーマンションが完成します。

しかし2023年には160mを超えてくるタワーマンションの完成予定はなく、2024年10月工事完了予定の本件まで待つこととなりますので、高さにおいては南堀江や西区だけでなく、大阪市内の新築タワーマンションとしては貴重な存在といえます。

北西からの眺めです。

本件はまだ8月から本体工事着手したばかりですし、建築計画のお知らせに記載されている立面図の解析度が低いため、いまひとつ外観がイメージできづらいところです。先に高さ的に貴重な存在と書きましたが、高さだけでなく南堀江のランドマークとなるに相応しい外観を兼ね備えたタワーマンションであることを期待していますので、事業者からの公式発表が大変待ち遠しいところです。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。