google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2024年1月工事完了予定!御堂筋の再開発!(仮称)御堂筋ダイビル建替計画 21年10月の様子

(仮称)御堂筋ダイビル建替計画は大阪市中央区の御堂筋沿いにて2024年1月工事完了を予定しているオフィスビルの建替です。

★所在地/大阪市中央区南久宝寺四丁目5番1

★敷地面積/1,491.92㎡

★延べ面積/20,296.55㎡

★階数・高さ/地上20m・97.52m

★工事着手予定/2021年12月

★工事完了予定/2024年1月

完成予想図です。

残念ながら100mを超えませんでしたが、御堂筋の高度化、景観に与えるインパクトは大きいと思われます。

北西からの眺めです。

現在は既存建物解体の真っ最中です。ここ数ヶ月で一気に進みました。

後方に見えているのは2021年3月に開業した地上27階・高さ117.399mのWホテル大阪です。

南西からの眺めです。
西からの眺めです。

本計画の工事着手予定は2021年12月とされていますので、あと1ヶ月ほどで建物の解体は終えることとなるようです。

東からの眺めです。

計画地のすぐ北側。向かって右のビルは2019年5月に開業した地上21階・高さ73.985mのザ・ビー大阪御堂筋というホテルです。こちらのビルより新しいダイビルは20mほど高くなります。

北からの眺めです。

御堂筋に面した東側ですが、もともと歩道幅員があまり確保されていません。本計画によりどのようなオープンスペースが誕生するのでしょうか。

北からの眺めです。

最後は計画地が面する御堂筋です。御堂筋沿いにも規制緩和により高さのあるビルが増えてきました。統一感が失われたと感じる方もおられるかと思いますが、新しい秩序の中で新たな発展の形を目指していくのは、ある意味自然なことでしょう。

将来的には側道廃止→フルモール化という構想がありますが、その実現の際に御堂筋がどのような変化がおこり、どのような新しい表情を見せてくれるのか期待感と不安感半々で迎えたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。