google-site-verification: google0351ab5881654535.html

まもなく開業!堺筋の再開発!大阪厚生信用金庫新本店ビル 21年10月の様子

大阪厚生信用金庫新本店ビルは大阪市中央区島之内の堺筋沿いに、2021年11月工事完了を予定しているオフィスビルです。

★所在地/大阪市中央区島之内一丁目3番13

★敷地面積/1,488.59㎡

★延べ面積/14,409.90㎡

★階段・高さ/地上14階 塔屋2階・79.843m

★工事完了予定/2021年11月30日

南西からの眺めです。

工事完了まで残り1ヶ月となりました。中層から上層部にかけてはもうほぼ仕上がってきました。正統派な外観が堺筋に映えます。

南西からの眺めです。
南からの眺めです。
南西からの眺めです。

大阪メトロ「長堀橋駅」へと繋がる6号出入口です。こちらの供用も工事完了後の12月1日からとなります。

西からの眺めです。
西からの眺めです。

新本店ビルに相応しいガラス張りのエントランス部が確認できます。小規模ながらも植栽も植えられています。今まであまり堺筋には見られなかったオープンスペースがビル前に設けられています。

西からの眺めです。
北西からの眺めです。

そしてそのオープンスペースに「大阪厚生信用金庫」のサインがお目見えしました。このビル一棟すべてのフロアを大阪厚生信用金庫が占めるのでしょうか?さすがにテナント入居はあると思いますが…。

西からの眺めです。

同じく西側の上部にもサインが掲げられました。

北からの眺めです。

近年長堀橋の南エリアも随分と再開発により変化しましたが、本件の完成により一息つくこととなります。建替えなどにより新しいオフィスビルの建設が進む御堂筋と比較すると、残念ながら今後堺筋はこれといった目玉となる再開発がありません。

そもそも堺筋が雑然とした雰囲気が残り、街路樹も美しくない、むしろ街路樹により狭い歩道がさらに狭くなっています。そんな歩道に多くの自転車が駐輪され、それを避けて車道を逆走する自転車が車の前に飛び出したりと、歩行者としてであっても車利用であってもストレスを感じてしまう通りです。

そろそろ行政に御堂筋偏重を改め、堺筋や四ツ橋筋など他の南北筋にも目を向けて、人が集う道となるよう明確な将来像やビジョンを示し、整備すべきところは整備して、活性化につなげてもらいたいものです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。