google-site-verification: google0351ab5881654535.html

心斎橋のお隣の再開発案件!大阪厚生信用金庫新本店ビル21年6月

大阪厚生信用金庫新本店ビルは大阪市中央区島之内の堺筋沿いに、2019年7月より建設されているオフィスビルです。

完成時には大阪メトロ堺筋線及び長堀鶴見緑地線の「長堀橋駅」から直結します。

★所在地/大阪市中央区島之内一丁目3番13

★敷地面積/1,488.59㎡

★延べ面積/14,409.90㎡

★階数・高さ/地上14階 塔屋2階・79.843m

★工事完了予定/2021年11月30日

高さ的には、もうほぼ組み上がってきましたが、金融機関らしい重厚な佇まいのビルが長堀橋に出現しました。

早くも周囲のビルに溶け込み、長堀橋周辺のビル群に厚みをもたらしているようです。

ところでこの大阪厚生信用金庫新本店ビルの北側にある現在コインパーキングとして使用されている敷地なのですが、2014年に家具量販大手のニトリが取得したと報道されました。

敷地面積は概算で4,000㎡ほどと、都心部という立地を考えるとなかなかの広さです。

本件のある「長堀橋駅」とお隣の「心斎橋駅」の直線距離です。

心斎橋周辺は大丸やPARCO、OPAなどをはじめとした商業ビルが何棟も建ち並び、ある程度の広域からも人が集まってきます。

しかしながらクリスタ長堀という地下街でも繋がり、直線距離でも約500m、その間も多くの飲食店が軒を連ねるにもかかわらず、長堀橋周辺になると空気が変わります。

堺筋を超え東側となると人影も一気にまばらとなります。

ニトリがこの地に店舗を出すことがあれば、それなりに人を呼び込み、長堀橋周辺に賑わいももたらすと思いますが、もしそうなると単独店なのか複合店なのか。複合店ならどのような形となるのか。

またニトリは札幌市に店舗ではなくホテル、美術館を核とする複合施設を2023年度に開業を予定しています。この長堀橋にも店舗以外での開発を考えているかもしれません。

もちろん開発することなくマンションデベロッパーに売却という可能性もあるでしょう。

ここに来るたび大阪厚生信用金庫新本店ビルの進捗以上に、北側のコインパーキングに変化がないか気になってしまいます。

贔屓チームのペナントレース予想と同様、計画の詳細が発表される前に、あーだこーだと勝手に妄想を膨らますのも再開発オタクの楽しみです。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。