google-site-verification: google0351ab5881654535.html

窓のないビル!新曽根崎ビル(仮称)新築工事 21年10月の様子

新曽根崎ビルは西日本電信電話により大阪市北区曽根崎に2022年5月末工事完了を予定され建設中の事務所・通信機械施設です。

★所在地/大阪市北区曽根崎1丁目45

★敷地面積/2,568.05㎡

★延べ面積/18,644.04㎡(容積対象)

★階数・高さ/地上12階 PH2階・76.00m

★工事完了予定/2022年5月末

北東からの眺めです。

先月あたりから足場が解体され始め、ダークグリーンの外壁があらわになってきました。

北からの眺めです。

下層階を除いてほぼ窓がないので、壁ができたような感覚です。

南西からの眺めです。

西側は他の面と異なる造りとなっており、各階ごとに庇が施されています。

南東からの眺めです。

こちらのビルの用途は事務所・通信機械施設とされていますが、耐震性に優れたデータセンターであると思われます。

計画地は各梅田駅からも結局歩かなしゃあない微妙に嫌な距離となっています。周辺にはホテルやオフィスも当然ありますが、立地的には短所となってしまうでしょう。

南からの眺めです。

この規模のデータセンターであれば、何人くらいの人が従事することになるのでしょうか?ある意味雇用を多く生み出す施設ではないかと思いますので、中心部から少し離れた不便なこの位置の敷地を埋めるという意味ではよい施設かと思われます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。