google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2022年12月開業!アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 21年11月の様子

北からの眺めです。

アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉は大阪市北区曽根崎にて2022年12月の開業を目指し建設中の総客室数1704室を誇る超大型ホテルです。

前々回8月訪問時の様子はコチラ

前回10月訪問時の様子はコチラ

★所在地/大阪市北区曽根崎2丁目1番他

★敷地面積/3,127.33㎡

★延べ面積/35,602.36㎡

★階数・高さ/地上34階・122.65m

★客室数/1704室

★工事完了予定/2022年12月下旬

北からの眺めです。

一番高い鉄骨はすでに10階あたりまで育ってるのでしょうか。手前の放置された空き地は元曽根崎公設市場跡です。大阪市は処分を予定していますので、数年後には何かしらの開発があるかもしれません。

南からの眺めです。

見えている高架橋は新御堂筋のものですが、淀川を超えて北区に入った新御堂筋を走っていると、両サイドを高層ビルに挟まれ、都会的なビルの谷間感を阪神高速同様に感じられます。

南からの眺めです。

1ヶ月前はここからでも計画地の北にある梅田ガーデンの超高層ビルが見えたのですが、さすがにもう見ることができません。

アパホテル&リゾートの公式サイトによると2022年12月開業予定となっていますので、1年後には高さは最頂部に達していることでしょう。

出典:アパホテル&リゾート

上記の完成予想図は本件を南東から見たものです。

南東からの眺めです。

だいたいこのあたりかと思われますが、計画地北側にある梅田ガーデンの眺望に大変影響を与えそうです。

お互いの敷地の距離は約120m。建物の距離としては約150mほどかと思われます。タワーマンションの売りである眺望も、ビルが近接する梅田エリアでは良好な眺望を将来的にも確保し続けることは至難の業ですね。

東からの眺めです。

最後は新御堂筋の高架を超えたあたりからの眺めです。年末頃にはこちらからでも鉄骨が確認できそうな勢いです。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。