google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2024年完成予定!梅田の再開発!梅田3丁目計画 21年9月の様子

完成予想図

梅田三丁目計画は大阪市北区で2024年3の完成を目指し建設中のオフィス・商業施設・劇場から構成される延べ面積22万㎡を超える超弩級の複合ビルです。

★所在地/大阪市北区梅田3丁目144番2、529番1、529番3、535番2

★敷地面積/12,893.31㎡

★延べ面積/229,000.00㎡

★階数・高さ/地上40階・188.00m

★工事完了予定/2024年3月31日

南からの眺めです。

7月に1基目のタワークレーンがお目見えしたのですが、現在は2基で稼働中です。よく見ると3基目のタワークレーンも旋回台まで立ち上がっていました。

※写真は9/9に撮影しました。翌々日9/11には3基のタワークレーンが稼働していたようです。

南からの眺めです。

梅田3丁目計画は紆余曲折あっただけに、鉄骨が組まれている姿を目の当たりすると感慨深いものがあります。

南からの眺めです。

「ハービスエント」から計画地を見ていますが、後方のスカイビルは地上レベルでは見えなくなっていると思われます。

北東からの眺めです。

JR大阪駅から見た計画地の後方に広がるのは西梅田のビル群ですが、将来的にはこれらを引き連れたようなかたちに梅田3丁目計画のビルが前方に立ち上がってくることとなります。

梅田エリアでは梅田ガーデンや大阪梅田ツインタワーズ・サウスという約190mにもなるビルが間もなく完成を迎えようとしています。そして2024年あたりに完成する本計画やうめきたⅡ期、ONE DOJIMA PROJECTという計画が続いて、2025年に大阪・関西万博を迎えることとなります。

今は万博という節目に向けて再開発が目白押しですが、そろそろ万博後の再開発案件も具体化してほしいものです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。