google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2024年工事完了予定!ONE DOJIMA PROJECT 21年10月の様子

ONE DOJIMA PROJECTは大阪市北区堂島にあった電通大阪支社ビル跡に、東京建物がブリリアタワー堂島として最高級のタワーレジデンスと大阪初進出となるフォーシーズンズホテルで構成される再開発ビル計画です。

★所在地/大阪市北区堂島二丁目17番5

★敷地面積/4,828.17㎡

★延べ面積/85,000㎡

★階数・高さ/地上49階・195.00m

★工事完了予定/2024年9月下旬

南東からの眺めです。

前回訪れた8月の際は3〜4階部分を構築していましたが、現在は7〜8階あたりでしょうか。それでも随分成長した印象です。

北東からの眺めです。

周囲をぐるりと取り囲む電線が少々目障りです。もっと大阪は景観に対する感度を上げ、無電柱化を進めてもらいたいものです。

北からの眺めです。

こちらの角度からですと曲線のうねりが溶け合う様がよくわかります。本ビルの特徴的な外観であり、見た目の美しさのひとつです。

北西からの眺めです。

写真ではわからないかと思いますが、実際現地で目視してますと想像以上に大きなビルであることを実感します。

西からの眺めです。

本計画は共同住宅とホテルによる複合ビルとなるのですが、フロア構成については28階から37階を客室数178室のフォーシーズンズホテルが占め、1階から27階及び37階からさいじょうかいあである49階までを総戸数466室のブリリアタワー堂島として展開します。

南西からの眺めです。

次回訪れた時には後方に見えている「堂島ザ・レジデンスマークタワー(地上39階・高さ138.17m)」も見えなくなっていることでしょう。

南からの眺めです。

こちらからエントランスへアプローチするのでしょうか。

南東からの眺めです。

くるっと一周して再度南東からの眺めです。工事完了まで残り3年となりますが、その頃大阪をどのような空気感に包まれているのでしょうか。

出典:ブリリアタワー堂島公式サイト

2025年の大阪・関西万博を1年後に控える2024年。梅田界隈では本計画も含めて、あらゆるプロジェクトが開業を迎えています。

ホテル、オフィス、商業等あらゆる床が供給過多ではないかと噂もされますが、すべてが杞憂と終わり、キラキラした未来への期待感で溢れる大阪であることを願っています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。