google-site-verification: google0351ab5881654535.html

もうひとつの淀屋橋エリアのPMO!野村不動産が展開する中規模ハイグレードオフィス!PMO淀屋橋PJ 2022年8月の様子

北からの眺め

2020年11月野村不動産は、2023年までに中規模ハイグレード 型オフィスブランド「PMO」を含む、全5物件のオフィスビルを関西エリアにて展開することを発表しました。(仮称)PMO淀屋橋PJはその中でも一番規模的には小さい計画となります。




計画概要

★所在地/大阪市中央区伏見町四丁目39番、40番

★有効敷地面積/383.94㎡

★延べ面積/2,820.60㎡

★階数・高さ/地上12階・53.8m

★工事着手予定/2022年4月上旬

★工事完了予定/2023年7月下旬

野村不動産の発表によると本件が(仮称)PMO淀屋橋となっていますが、今秋開業予定の(仮称)PMO淡路町が正式にPMO EX 淀屋橋と決定しましたので、本件はPMO淀屋橋Ⅱとなるのではないかと思っています。

計画地

すでに2021年に開業しているPMO EX 新大阪以外の4物件は本町周辺に位置しています。

計画地は大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅から徒歩数分。御堂筋から西へ入ってすぐとなります。

現地の様子(2022年2月)

北東からの眺め
北からの眺め

計画地の東、南、西面側にビルが建ち、道路に面している北口も約13mの幅しかない、ビルの谷間にある大変狭隘な敷地です。




北西からの眺め
西からの眺め

本計画は大変小さなオフィスビル開発ではありますが、ハイグレード規格ということで淀屋橋エリアのオフィスワーカー集積の受皿となっていただき、また野村不動産には残る(仮称)PMO EX 本町三丁目PJが大規模オフィスとなるよう弾みをつけてもらいたいと期待しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。