google-site-verification: google0351ab5881654535.html

土佐堀通り沿いの小さな再開発!相鉄フレッサイン淀屋橋Ⅱ 入居!新・大阪愛ビル新築工事22年2月の様子

北からの眺め

ひろしま信愛不動産は大阪市中央区北浜にあった大阪信愛ビルを、2023年1月の工事完了を予定し、ホテルを主要用途のビルへと建替えます。




計画概要

★所在地/大阪市中央区北浜3丁目7番3

★敷地面積/502.68㎡

★延べ面積/4,395.54㎡

★階数・高さ/地上13階・49.06m

★主要用途/ホテル

★工事完了予定/2023年1月31日

計画地掲示

地上3階から13階までは客室数160室の相鉄フレッサイン 大阪淀屋橋Ⅱが入居します。

計画地掲示

計画発表によるとホテルの他の用途としてオフィス、店舗とありますので、1階に店舗、2階にオフィスとなるのでしょうか。3階まではガラス張りとなるので、そこから漏れる明かりは夜の淀屋橋に安らぎを与えてくれそうです。




計画地

計画地はいくつかの大型プロジェクトが進行中の淀屋橋エリアにあります。その大型プロジェクトのひとつである日本生命新淀屋橋ビルのお隣に位置しています。




現地の様子(2022年2月)

南からの眺め
北東からの眺め

計画地西側の日本生命新淀屋橋ビルと比べると大変小さく可愛らしいビルです。

北からの眺め
北西からの眺め

最後は計画地の北を走る土佐堀通りからの眺めです。大阪市内は御堂筋などの南北の「筋」が主で、土佐堀通りのような東西の「通り」はつき従う若干格下扱いされているところがあります。

進行中の淀屋橋駅両地区の開発や日本生命新淀屋橋ビルという大型プロジェクトは東西軸に新たな息吹をもたらすこととなり、同様に土佐堀通りに面している新・大阪信愛ビルの建替えも小さな再開発ではありますが、今後土佐堀通りに活気を呼び起こす一助となるのではないでしょうか。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。