google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2基のタワークレーンにより成長する大江橋の高さ147m複合ビル開発!(仮称)OM計画 大阪三菱ビル建替計画 22年6月の様子

(仮称)OM計画は三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、三菱UFJリースな4社により大阪市北区堂島浜一丁目にて2024年4月竣工を予定している大阪三菱ビルの建替計画です。現在タワークレーンも2基稼働し、日々成長しています。




計画概要

★所在地/大阪市北区堂島浜1丁目15番地1

★敷地面積/3,571.88㎡

★延床面積/67,000.00㎡

★主要用途/ホテル、オフィス

★階数・高さ/地上32階・147.00m

★工事着手予定/2021年10月15日

★工事完了予定/2024年4月14日

入居ホテル

新しい大阪三菱ビルには「カンデオホテル 」が入居します。

★ホテル名/(仮称)カンデオホテルズ大阪堂島浜

★客室数/548室

★ホテルフロア/17階〜31階

★営業開始予定/2024年7月

全客室から大阪市街の眺望を堪能できますが、最上階の31階には「天空のスカイスパ」として展望露天風呂が設置されます。湯船に浸かりながら望む大阪の夜景は、完成イメージだけでも十分に迫力があることがわかります。




計画地

計画地は梅田エリアの中心であるJR「大阪駅」から徒歩15分ほど。歩けるといえば歩ける距離ですが、歩きたくない距離ではあります。ただ京阪「淀屋橋駅」が徒歩5分ほど南に下れば位置しているので、京都方面に向かう方はこちらのルートも便利です。

現在大江橋を含む淀屋橋エリアでは本計画以外でも日本生命新淀屋橋ビル(地上25階・高さ123m)、淀屋橋駅東地区都市再生事業(地上28階・高さ約150m)、淀屋橋駅西地区市街地再開発事業(地上28階・高さ約135m)の再開発事業が進行中です。完成後には本計画に西に位置する新ダイビルも含めて一気に高層ビルが建ち並ぶエリアへと変貌を遂げることになります。

完成予想図

出典:三菱地所

最上階の31階に展望露天風呂として設けられる「天空のスカイスパ」はイメージ図を見ると南面に開けた眺望が約束されるようです。先ほどの淀屋橋駅に建設中のトリプルタワーの姿を一望のもとに収めることとなります。

出典:三菱地所

16階には「(仮称)御堂筋プレゼンテーションギャラリー」として大阪の街を一望できる展望機能を備えた空間が整備されます。本件は東西南北どちらを見ても高層ビルが見える立地ですので、この展望機能からも迫力あるビル景が拝めることでしょう。




現地の様子(2022年6月)

南からの眺め
東からの眺め
東からの眺め
北東からの眺め

鉄工が低層部を形成していますので、今後建ちあがってくるビルの規模、大きさについてざっくりではあるもののイメージしやすくなってきました。

南からの眺め

計画地の東を走る御堂筋との眺めです。お隣の新ダイビルが約148mとほぼ同じ高さなので、2棟の高層ビルが並ぶ姿は見応えがありそうです。

南東からの眺め

計画地の南を流れる堂島川との眺めです。水都大阪に新たな魅力的な景観が誕生しそうです。

成長の軌跡(4月〜6月)

東からの眺め(4月9日撮影)
東からの眺め(5月14日撮影)
東からの眺め(6月26日撮影)

計画地の東からの様子ですが、約2ヶ月半でここまで育っています。裏の専門学校の三角校舎も見えなくなりました。年内には後方にどーんと控えている新ダイビルの姿も隠されるのではないでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。