google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2022年8月竣工 淀屋橋の再開発!日本生命淀屋橋ビル 21年7月の様子

日本生命淀屋橋ビルは大阪市中央区北浜3丁目で建設されている、2022年夏竣工予定のオフィスビルです。

★所在地/大阪市中央区北浜三丁目

★敷地面積/4,666.74㎡

★延べ面積/51,500㎡(既存2,018㎡)

★階数・高さ/地上25階・123m

★竣工予定/2022年8月31日

北からの眺めです。

こちらから見ると東西の幅がかなり狭いのがよくわかります。

西からの眺めです。
西からの眺めです。

御堂筋からも存在感が増してきました。

手前では「淀屋橋東地区都市再生事業」として、地上28階、高さ150mのビルが2025年竣工予定として建設されます。

淀屋橋方面を北から眺めた完成予想図です。向かって左側が「淀屋橋東地区都市再生事業」の地上28階・高さ150mのビルです。右側が「淀屋橋西地区第一種市街地再開発」による地上28階・135mのビルです。

日本生命淀屋橋ビルはこの2棟の向かって左側(東側)に建設されています。

150mのビルが建設されますと、日本生命淀屋橋ビルとの間隔があまりないので、御堂筋をはじめ西側からは本件の姿は拝めなくなってしまいます。

北西からの眺めです。

手前に流れる土佐堀川の右岸の遊歩道からは、適度な距離で本件を視認できる絶好のビューポイントであり、竣工する2022年8月の姿を想像すると今から胸が踊りますが、わずか2年ほどしかその風景は存在しません。

東からの眺めです。

西側と異なり東側からは眺望が確保できています。むしろ今見えている日本生命淀屋橋ビルの後方に、さらに高いビルが顔を出してくれることになりますので、都市として厚みのある風景が誕生します。

高層ビルをどの角度、どの方向から見るのが一番美しいのか?またビル群として捉えた場合も同じようにどの角度から、どの方向から見るのが一番美しいのか?

早くも今からそんなビルオタクの妄想を駆り立ててくれる淀屋橋エリアの再開発です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。