google-site-verification: google0351ab5881654535.html

ボーリング調査実施中!東急不動産が取得元大阪北逓信病院跡 22年3月の様子

南面の眺め

東急不動産は国家公務員共済組合連合会(KKR)が所有していた大阪市北区中崎一丁目の元大阪北逓信病院跡敷地を取得し、2022年12月にKKRと東急不動産が売買の契約を締結したようです。土地そのものはは2021年初旬に更地となり、東急不動産が所得した後はコインパーキングとなっていますが、その敷地内で地質調査と思われるボーリング調査が実施されています。




計画地

場所は大阪メトロ谷町線「東梅田駅」からひと駅の「中崎町駅」から徒歩3分ほどに位置します。JRですと「大阪駅」から環状線に乗ってひと駅の「天満駅」から徒歩約6分ほど要します。




現地の様子(2022年3月)

南西からの眺め
西からの眺め

敷地面積は2,885.27㎡とされ、東西約80m、南北は30〜40mほどのきれいな長方形の形をしています。落札から契約締結、その後コインパーキングになるとは、まったく予測していませんでした。

南からの眺め
南からの眺め
西からの眺め

ボーリング調査は敷地内の真ん中と北西あたりの2ヶ所で実施されています。

東からの眺め

さらに敷地内もアスファルトの敷設は通路だけに限定され、中途半端な状態です。駐車スペースは白線ではなくトラロープで区切られています。

西からの眺め
東からの眺め

コインパーキングとして供用されるとわかった時は、少なくとも1〜2年はこのままと思っていたのですが、意外と早いタイミングで動きがあるかもしれません。前回の答え合わせで、気長に公式発表を待ちたいと書きましたが、一変して早く早くと急かす気持ちが出てきました。さあどのような開発となるでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。