google-site-verification: google0351ab5881654535.html

ついにタワークレーン登場!ブランズタワー大阪本町 21年10月の様子

ブランズタワー大阪本町は東急不動産、大和ハウス、住友商事、コスモスイニシアにより大阪市中央区南本町にて2024年3月31日工事完了予定のタワーマンションです。

前回7月の様子はコチラ。

★所在地/大阪市中央区南本町二丁目2番3番4番5番6番

★敷地面積/1,968.03㎡

★延べ面積/32,719.31㎡

★階数・高さ/地上43階・145.00m

★工事完了予定/2024年3月31日

南からの眺めです。

ついに現場にタワークレーンが登場しました。タワークレーンがお目見えすると、これから天に向かって伸びていく様がより想像でき、さあ始まるぞと祭りの前の高揚感のようなものが湧いてきます。

西からの眺めです。

そして成長仕切った最上階42階の共用部には大阪都心が一望できる開放感に満ちた「スカイラウンジ」&「スカイテラス」が設けられるます。羨ましい。羨ましい。羨ましい。

西からの眺めです。

本町&堺筋本町エリアの空がどんどん狭くなっていきます。

後方に見える黒いタワーマンションは竣工を来年に控えた高さ約170mのシティタワー大阪本町です。最近タワークレーンが撤去されましたが、それを受け継ぐかのように本計画地にタワークレーンが登場と、本町&堺筋本町エリアの建設現場の喧騒は間断なく続きます。

出典:ブランズタワー大阪本町公式サイト

今後はローレルタワー堺筋本町もありますし、未確定ですが萬栄1号館跡も控えています。また本計画が完成の折りは、新たな再開発計画が途切れることのない本町&堺筋本町エリアの再開発を受け継いでいくことでしょう。

※記事内に登場したタワーマンションの位置は以上の通りです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。