google-site-verification: google0351ab5881654535.html

既存ビル建替えのため解体着手!上町筋の再開発!大阪信用金庫本館建替計画 22年8月の様子

北西からの眺め

大阪市天王寺区にある大阪信用金庫本館は、2025年秋頃の完成を目指し、既存ビルを建替える予定です。現在現地では既存建物の解体が始まろうとしています。




計画地

計画地は大阪市天王寺区上本町8丁目。近鉄「大阪上本町駅」から南に700mほど下った上町筋沿いにあります。徒歩ですと大きな交差点もあるので15分ほどでしょうか。大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」からですと、徒歩約6〜7分とこちらが最寄駅となります。

現地の様子(2022年9月)

北東からの眺め
南東からの眺め

敷地面積は約2,000㎡にもなります。敷地内には本館の東に別棟がありますが、それらもまとめて解体されるようです。

南西からの眺め
北西からの眺め

上町筋からの眺めです。すでに解体用の足場が組まれていますが、労災保険関係成立票などは見つけられませんでした。

既存ビルにて営業していた本店営業部は、南隣のNTT西日本天王寺ビルを仮店舗として営業と続けています。

西からの眺め

向かって左の低層のビルが仮店舗としているNTT西日本天王寺ビルです。2025年秋の新本館完成後には、また移転することになります。

北西からの眺め

ここ数年の金融機関本店ビルの建替えといえば堺筋沿いの近畿産業信用組合や大阪厚生信用金庫などがあり、ともに金融機関らしい外観を保ちつつ、ビルそのものの存在感を発揮しています。本計画についてはまだ外観だけでなく規模なども明確ではありませんが、低層のビルが並ぶ上町筋にあって、どの程度まで高さが積み上げられるのか、また何か個性的な容姿を持つことになるのか、早く詳細が発表されてほしいところです。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    場所的に周囲にはローレルタワー夕陽丘の2棟ぐらいしか高いモノがないので、100m超えてくるとよく目立つ存在になりそうですね。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      さすがに100mクラスは難しいのでしょうが、それなりの高さはほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。