google-site-verification: google0351ab5881654535.html

梅田・堂島エリアの天井となる超高層複合ビル再開発!ONE DOJIMA PROJECT 22年7月の様子

南東からの眺め

ONE DOJIMA PROJECTは大阪市北区堂島にあった電通大阪支社ビル跡に、東京建物がブリリアタワー堂島として最高級のタワーレジデンスと大阪初進出となるフォーシーズンズホテルで構成される複合ビル計画です。




計画概要

★所在地/大阪市北区堂島二丁目17番5

★敷地面積/4,828.17㎡

★延べ面積/85,000㎡

★階数・高さ/地上49階・195.00m

★住宅フロア(ブリリア堂島)/4階〜27階、38階〜49階

★ホテルフロア(Four Seasons Hotel)/28階〜37階

★工事完了予定/2024年9月下旬

計画地

計画地のある堂島2丁目は梅田エリアの南西に位置し、また地下街も計画地の東を走る四つ橋筋まで繋がってますので、JR「大阪駅」や各社「梅田駅」からまだ頑張って歩ける範囲です。

完成イメージ図

出典:ブリリアタワー堂島公式サイト
出典:ブリリアタワー堂島公式サイト
出典:ブリリアタワー堂島公式サイト
出典:ブリリアタワー堂島公式サイト

タワーマンションの公式サイトには多くの完成イメージ図を掲載してくれています。そこには思わず息を呑むような大阪の光景が描かれていのことが多々あり、本件も御多分に洩れず、眩いばかりの未来の大阪が掲載されています。




現地の様子(2022年7月)

東からの眺め
東からの眺め

現在は住宅フロアとホテルフロアの境界を超えて30階あたりのホテルフロアまで育っているように見えます。

西からの眺め
南西からの眺め
南からの眺め

ずっと見上げていると首が痛くなりますね。

南東からの眺め

手前に見えているのは本計画の南東にて、先日建築計画のお知らせが掲示された高さ約161mの北区堂島浜二丁目計画(古河大阪ビル本館・西館跡)の囲いです。直線距離で100mも離れていません。いずれ並び建つことになりますが、大変壮観な眺めとなりそうです。

大阪駅前第3ビルの33階からの眺めです。周囲には高層ビルが何棟も建っているエリアですので、見る角度にもよるのでしょうがまだ存在感を発揮しているとはいえません。




成長の軌跡(1月→7月)

南東からの眺め(2022年1月15日)
南東からの眺め(2022年2月15日)
南東からの眺め(2022年3月15日)
南東からの眺め(2022年5月15日)
南東からの眺め(2022年7月5日)

最後は堂島川を超え、四つ橋筋と中之島通りの交差する渡辺橋南詰交差点からの眺めの比較です。俯瞰するとまだまだ小童やなと思ってしまいましたが、それでもこの半年で育ってきた、というかものすごい勢いで生えてきた印象があります。




おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    大阪にもっと180m級、190m級、200m以上のビルが増えてほしいですね。場所は梅田でも、船場でも、なんばでも、天王寺・阿倍野でも、京橋でも、弁天町でも、それ以外でも。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      つくづく伊丹空港による高さ制限が残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。