google-site-verification: google0351ab5881654535.html

妄想が止まらない!2022年9月にホテルの営業終了!中之島プラザはどうなる? 22年5月の様子

中之島に西部にある中之島プラザというビル(ホテル)があるのですが、昨年よりテナントの退去が続いています。21年3月にブライダル・レストラン、同年5月にはフィットネスが営業終了していましたが、22年9月にはホテルそのものが営業終了することとなりました




位置図・配置図

当該施設は中之島6丁目という、中之島の一番西の端に位置しています。交通の便は決して良いとはいえない場所となります。

細長い台形のような敷地の面積は意外と広く、約3,300㎡にもなります。中之島インテスや中之島センタービル、味の素グループ大阪ビルなどのオフィスビルが近隣には建っています。

現地の様子(2022年5月)

北からの眺め

中之島プラザ は1992年に開業した主要用途をホテルとする地上14階のビルです。見ての通り大変特異な出立ちをしており、高さはないもののなんとなく印象に残る個性的なビルです。

北からの眺め

向かって左からザ・パークハウス中之島タワー(地上55階・高さ192.930m)。中之島インテス(地上22階・98.46m)。中之島プラザ(地上14階・高さ不明)。中之島センタービル(地上32階・高さ129m)。

低層部の様子
低層部の様子

開業から30年しか経過していませんが、施設老朽化が営業終了の要因であると当該サイトには記載されています。

東からの眺め
西からの眺め

主要用途であるホテルの営業終了後、はたして中之島プラザはどうなるのでしょうか。居抜きとして新しいホテルが入るというが一般的でしょうが、施設老朽化ということであれば、少なくとも今の状態のままでは難しいでしょう。なんらかのリニューアルやリノベーションを講じた後に、新しいホテル運営者が営業するのでしょうか?それとも築30年にもかかわらず建替え!建替える?!建替えますかー!

南西からの眺め

中之島プラザは関西電力グループの関電アメックスが運営会社となっています。

南からの眺め

中之島プラザの南には立体駐車場がありますが、こちらも関電グループ系の駐車場となっています。ちなみに敷地面積は約1,800㎡ほどになります。

南からの眺め

先走りすぎかと自分自身でも思いますが、もし建替えとなった場合は、この南敷地と一体化することにより5,000㎡超の広大な敷地が誕生します。随分と細長い形となりますが、十分整形を保っていますので、オフィスかホテル、はたまた何かの複合ビルの期待が膨らみます。まるで建替えが既定路線のように話し出ますが、一切そのような話はありません。あくまで私個人の妄想にすぎません。

ただ施設の老朽化により入居テナントが退去していくのを目の当たりにすると、あながち妄想ではないのではと、穴人気の馬の単勝を握りしめ、4コーナー回っても意外と足色に余裕があるように見える時のドキドキ度と同じくらいの期待は感じています。さてどうなるでしょうか。




おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    まぁ東の都の方では1993年築のビルを2010年代に建替えてましたから、可能性はゼロではなさそうですね。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね可能性は捨てきれませんが、中之島でもかなり外れのほうなので、タワマンでしょうか?
      ちょっと細長いかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。