google-site-verification: google0351ab5881654535.html

難波の再開発!工事着手が延期!工事完了も2024年秋へ!(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉 22年1月の様子

南東からの眺め

(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉は大阪市浪速区湊町に計画されている地上40階・高さ135.98mのホテルです。当初予定では2021年内に工事着手し、2024年5月工事完了予定でしたが、着手が2022年2月、工事完了が2024年9月と先送りされました。

2021年9月の様子はコチラ

2021年11月の様子はコチラ

計画概要

★所在地/大阪市浪速区湊町1丁目5番33

★敷地面積/3,306.07㎡

★延べ床面積/37,800㎡

★階数・高さ/地上40階・135.98m

★客室数/2064室

★工事着手予定/(変更前)2021年11月中旬→(変更後)2022年2月上旬

★工事完了予定/(変更前)2024年5月中旬→(変更後)2024年9月下旬

建築計画の概要だけでなく、アパホテルの公式サイトでも変更は発表されています。

完成イメージ図

計画地の北に建つマルイト難波ビルは140mほどの高さを誇ります。本計画の高さは約135mですので、完成イメージ図のような対比となることはありません。あくまで本計画を誇張したイメージに過ぎません。

位置図

計画地は「JR難波駅」の東側となります。JR難波駅そのものが難波エリア内でも、賑やかさから疎遠の外れた場所に位置しています。

北に「ホテルモントレ グラスミア大阪」が入居する「マルイト難波ビル」。南に「ローレルタワー難波」と南北それぞれ100mを超えるビルに挟まれた谷間に計画地はあります。

現地の様子(2022年1月)

南西からの眺め
西からの眺め
北西からの眺め
北東からの眺め

計画地のコインパーキングの西半分はすでに9月頃に閉鎖されています。東半分はまだ供用中でした。

南東からの眺め
東からの眺め

計画地は先ほどのイメージ図の通り南北100mを超える高層ビルの間となります。現地で見ると想像以上に近接し、谷間感を感じる計画地です。ここに本計画のビルが建つと、みちみちっとした押し込められたような、いわゆる蜜な余裕のない高層ビル空間となります。もう少し間隔が空けられた、余裕のある空間のビル群の方が個人的には好みではあります。

若干工期は後に延びましたが、このような状況ですので、むしろ計画そのものが凍結されなかったことに安堵しています。ただでさえ梅田と比較すると目立った再開発の少ない難波エリアですので、これ以上数が減ってしまうと、変化なくただただ停滞する街となってしまいそうです。難波の賑わいと景観に変化をもたらす計画としてアパホテルには期待しています。

、、

おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    高さが低くなる等ということはなくホッとしました。しかし完成時の写真が撮りにくそうですね。。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      ただでさえ少ない高層ビル計画ですから安堵しました。
      写真はどこからがベストですかね?
      それを考えて周辺を徘徊するのも、ひとつの楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。