google-site-verification: google0351ab5881654535.html

難波の最南端再開発!(仮称)ホテル京阪なんばグランデ!難波中二丁目計画 C敷地計画地 22年6月の様子

南からの眺め

難波中二丁目開発計画C敷地計画はニッピ所有の敷地を大成建設、関電不動産開発、南海電気鉄道が賃借し建物を建て、ホテル京阪がホテル京阪なんばグランデとして2023年春に開業を予定している計画です。




計画概要

★所在地/大阪市浪速区難波中二丁目20番1、21番3

★敷地面積/2,004.83㎡

★延べ面積/9,371.26㎡

★階数・高さ/地上9階・35.93m

★工事完了予定/2023年1月10日

デザインコンセプトは「緑の丘にたたずむ Garden 」。隣接するなんばパークスとの連続性を踏まえ、「緑の丘」の「地層」を表したデザインとなっています。外構の緑を取り組み「Garden 」を演出した内部空間、喧騒の中に安らぎを感じる、難波の新しい風景を生み出すとされています。

計画地

出典:南海電気鉄道
出典:南海電気鉄道

難波パークスの南、難波中二丁目計画では、タイのバンコクに本社を置くセンタラ・ホテル&リゾートが入居するA敷地をはじめとし、B、C合計3つの敷地にそれぞれ開発計画が進行中です。本計画は難波エリア最南端の再開発と位置付けてもよいと思います。




現地の様子(2022年6月)

南からの眺め
南からの眺め
南東からの眺め

ホテル京阪なんばグランデは客室数249室、レストラン等で構成されます。コンセプトにある地層を表すという外観はまだ確認できません。

南からの眺め
南西からの眺め
西からの眺め

最後は隣接するA敷地やB敷地に囲まれ、少々肩身の狭そうな様子を俯瞰しました。A、B両敷地の計画と比べると地味なC敷地ですが、ビジネス、観光両面で重宝できそうな立地ですので、小つぶながらも周囲と調和のとれた、ちょっとしたアクセントとして欠かせない存在となることを期待しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。