google-site-verification: google0351ab5881654535.html

ついにタワークレーン登場!堺筋本町のランドマークとなる再開発!ローレルタワー堺筋本町 22年2月の様子

南東からの眺め

ローレルタワー堺筋本町は2024年3月工事完了目指し、大阪市中央区久太郎町に建設中の総戸数511戸のタワーマンションです。以前こちらにはプロルート丸光という会員制の総合卸会社のビルがありましたが、2017年に隣接する駐車場とともに近鉄不動産等4社に売却されました。

計画概要

★所在地/大阪市中央区久太郎町二丁目35番の一部

★敷地面積/3,141.68㎡

★延べ面積/52,191.91㎡

★階数・高さ/地上44階・153.00m

★総戸数/511戸

★工事完了予定/2024年3月31日

計画地

計画地は東が堺筋に面し、大阪メトロ堺筋線と中央線の「堺筋本町駅」から徒歩1分の南西に位置します。北側には直接面していませんが、東西方向の道路、中央大通りと阪神高速13号東大阪線の高架が走っています。

完成予想図

出典:ローレルタワー堺筋本町

「スカイ・アドレス」と呼ばれる空に接する頂部のライトには光を集め、天空に輝くティアラのようなイメージを創出します。純白のシルクを纏ったように気高く、それでいて包み込むような優しさを表現していそうです。

出典:ローレルタワー堺筋本町

外観ファザードは各面に規則正しい水平ラインと不規則な垂直ラインが施され、コーナー部分には柔らかな曲線を採り入れられています。

出典:ローレルタワー堺筋本町

周辺にはタワーマンションをはじめ多くの高層ビルが建ち並ぶ堺筋本町エリアにおいても、大変存在感のあるタワーマンションとなりそうです。昼夜問わずシンボリックで堺筋本町のランドマークとなる存在でしょう。

現地の様子(2022年1月)

北からの眺め
西からの眺め
南西からの眺め

まだかまだかと待ち焦がれたタワークレーンが計画地内の西側に鎮座しています。

南からの眺め
南東からの眺め

本計画は来年2023年以降に完成する中央区内のビルの中では一番高いビルとなります。

東からの眺め
東からの眺め

最後は計画地東を走る堺筋からの眺めです。広い通りに面している本計画は視認性が高く、多くの人々の注目を集めそうです。

大阪市内でははここ数年で多くのタワーマンションが建ち、今現在も本計画を含め建設中です。ただ2009年に竣工した地上54階・高さ209.35mのThe Kitahamaを上回るものは現れていません。そもそもそれだけのタワーマンションが建設できる面積を有する敷地がそうそうあるものではなく、この先王者の地位を揺るがし、実際に王座交代劇があるのかは、なかなか想像し難いとは思われます。それでも梅田エリアに高さの制限がある限り、大阪市内でThe Kitahama を上回る高さのタワーマンションが建設されるのは、堺筋本町や北浜あたりしかないのではと、個人的には考えていますので、このローレルタワー堺筋本町の近くに、ひょっこりとそのような巨大プロジェクトが現れることを心待ちにしています。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。