google-site-verification: google0351ab5881654535.html

建築計画のお知らせ掲示!本町に三菱地所レジデンスによる新たなタワーマンション再開発?もと萬栄1号館跡地 22年11月の様子

南からの眺め

大阪市中央区南久宝寺町にある萬栄1号館は、2022年3月に既存建物の解体を終え、その後はコインパーキングとして供用されていました。そしてついに現地に三菱地所レジデンスによるマンション計画の建築計画のお知らせが掲示されました!



計画概要

★所在地/大阪市中央区博労町三丁目1番

★敷地面積/1,810.44㎡

★延床面積/24,859.35㎡

★階数・高さ/地上35階・125.50m

★工事着手予定/2023年9月上旬

★工事完了予定/2026年12月下司

計画地

計画地は大阪メトロ御堂筋線及び中央線「本町駅」から徒歩6〜7分でしょうか。オフィス街というより問屋街の雰囲気がまだ残るエリアです。

現地の様子(2022年3月)

南西からの眺め
南からの眺め

既存解体後は速やかに、三菱地所レジデンスによりマンションが建設開始されるものと思っていましたが、コインパーキングとなり落胆しました。しかし駐車場内はアスファルト舗装されることなく供用されていたので、近いうちに動き出すと思っていましたので、今回の建築計画のお知らせについては驚きはありません。



南東からの眺め
南東からの眺め

後方に見えているのは御堂筋沿いに建つ地上21階・高さ約91mの「御堂筋グランタワー」というオフィスビルです。

東からの眺め
北東からの眺め

予想していた以上の高さとなりましたので、さらに本町エリアの風景が大きく変化していくことになります。数年後は新規のオフィスやタワーマンションが続々と開業していく本町エリアに本計画がどのように溶け込んでいくことになるのか大変注目です。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    本音を言えば、もう少し高く(130m台ぐらい)になってほしかった所ですが、無事に計画が動いてるようで何よりですね。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      そうですねー。
      前に進んだことでホッとしました。駐車場になった時は焦りましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です