google-site-verification: google0351ab5881654535.html

大阪のタワーマンション比較!黒いシティタワーと白いシティタワー!シティタワー大阪本町建設工事21年6月

大阪市中央区備後町に建設中のシティタワー大阪本町ですが、2021年12月の竣工予定までほぼ半年となり、最後の追い込みとばかり成長を続けています。

目視での確認ですが、最終的には塔屋を含めてあと20mから25mほど高さを増すのではないでしょうか。

ところでこのシティタワー大阪本町から直線にして300mにも満たない距離にシティタワー大阪というマンションがあります。

建築主はシティタワー大阪本町と同じ住友不動産。設計、施工は異なりますのでいわば異父兄弟と言っても良い存在です。

シティタワー大阪シティタワー大阪本町
所在地大阪市中央区瓦町一丁目大阪市中央区備後町二丁目
敷地面積3,409.93㎡5,591.23㎡
建築面積1,486.80㎡3,291.13㎡
延床面積56,455.51㎡88,229.76㎡
戸数357戸855戸
階数・高さ50階・169.80m48階・170m(推定)
設計日建設計清水建設
施工淺沼組清水建設
竣工2003年12月2021年12月(予定)

両マンションを比較してみました。

まずは戸数や敷地面積などからして圧倒的にシティタワー大阪本町の方が大型マンションであることがわかります。

高さについては両マンションともほぼ170mと遜色ありませんが、シティタワー大阪は50階。シティタワー大阪本町は48階と2フロア増えています。階高が若干高いのでしょうか。

そして何よりも分かりやすく違うのは見た目。外観。とにかくシティタワー大阪は白を基調にし、南北幅と比較して東西幅が極端に短く、さらに西面の両角が曲線を描いています。一方シティタワー大阪本町はもう黒に近い色を施され、形状も四方から見てもあまり差異を感じません。

シティタワー大阪の曲線を下から見上げてみました。最近のタワーマンションでは直線的なものが多く、あまり曲線を施したものは見かけられませんが、遊び心があるように感じて個人的には好きなタワーマンションのひとつです。

時代とともに進化する建築技術や世相を反映した好みや流行りが、誕生に20年近くの開きのある兄弟タワーマンションの相違を産み出したのでしょう。

最後に約800mほど北東にある天神橋から両タワーマンションを見てきました。

シティタワー大阪本町が竣工する12月頃にはもう少し高さも増すでしょうから、両マンションの対比ができて、なかなかおもしろいビューポイントになってくるでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。