google-site-verification: google0351ab5881654535.html

進出ホテルブランドが確定した四つ橋筋の京町堀一丁目計画!voco大阪セントラル 22年6月の様子

NTT都市開発により、大阪市西区京町堀の四つ橋筋沿いにて2023年夏頃の開業を目指して建設中の(仮称)京町堀一丁目計画は、先日ホテルブランドについてIHGホテルズ&リゾーツが展開するプレミアムホテルブランド「voco 」として、ホテル名称を「voco 大阪セントラル」に決定することが発表されました。




計画概要

★所在地/大阪市西区京町堀1丁目110番、111番1、111番3、112番、113番、114番1、115番2、115番3

★敷地面積/1,232.91㎡

★延べ面積/10,586.36㎡

★主要用途/ホテル

★客室数/191室

★階数・高さ/地上13階・49.60m

★工事完了予定/2023年1月31日

★開業予定/2023年夏頃

出典:NTT都市開発

低層部に2層吹抜けのロビー・レストランを配置し、ガラスウォールから内部の雰囲気が溢れ出ることにより四つ橋筋の賑わいを向上させます。またミーティングルールやフィットネスジムなども設けられます。

計画地

出典:NTT都市開発

計画地は大阪市を南北に貫く四つ橋筋沿いの西に位置しています。最寄駅は大阪メトロ四ツ橋筋線「肥後橋駅」が徒歩5分ほど北にあります。




現地の様子(2022年6月)

北東からの眺め

前回訪問してから1ヶ月程しか経過してませんが、進出ホテルブランドも確定したので、またまた現地に行ってまいりました。

東からの眺め
南東からの眺め

前回初めて外装パネルで覆われている姿を目の当たりにして、単調な見た目とネガティブな感想を持ってしまったのですが、今回あらためて見直してもまあ同じ感想しか出てきませんでした。うーん。シンプル。メリハリなし。抑揚なし。

西からの眺め
voco大阪セントラル告知看板
北東からの眺め

最後はもう一度四つ橋筋からの眺めです。本計画の開業は約1年後の2023年夏とのことです。さてこのホテルの進出に続いて、再開発に沸く大阪市内において出遅れていた感のある四つ橋筋に、新たな再開発案件は生まれてくるでしょうか。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    北浜のロイヤルパークキャンバスみたいに、外観凝ってほしかったですね。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      さすがに愛想なさすぎです。
      四つ橋線筋にも凝った外観の建物が望まれますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。