google-site-verification: google0351ab5881654535.html

開業まで約1年となった大阪城を一望するラグジュアリーホテル!パティーナ大阪 24年5月の様子

南西からの眺め

NTT西日本は2022年1月4日に本社のあった大阪市中央区馬場町から、大阪市都島区東野田町へ移転しました。もと本社ビルと隣接するNTT西日本馬場町ビルは解体・減築され、跡地には歴史や文化などの街区の特性・魅力を活かした街づくりの実現として「カペラホテルグループ」によりラグジュアリーホテル(パティーナ大阪)などを建設します。

計画概要(ホテル棟)

建築計画のお知らせ

★建築主/NTT都市開発株式会社

★設計者/株式会社竹中工務店大阪一級建築士事務所

★敷地面積/4,895.01㎡

★延べ面積/38,459.28㎡

★階数・高さ/地上20階 塔屋2階・101.569m

★総客室数/220室

★工事着手予定/2023年1月

★工事完了予定/2025年1月

★開業予定/2025年春

計画地

計画地(現本社)

計画地は大阪城の南、大阪メトロ谷町線及び中央線の谷町四丁目駅と大阪メトロ長堀鶴見緑地線及び中央線、JR環状線の森ノ宮駅の中間に位置しています。南には高架されていない阪神高速が走っています。

出典:NTT西日本

計画地は西から史跡指定地、A敷地、B敷地の3区画で構成されます。北を本町通り、南を中央大通りに挟まれた東西に細長い敷地となっています。

完成イメージ図(出典:NTT都市開発)

北西からのイメージ
西からのイメージ

ガラスカーテンウォールの大変洗練された外観です。

北西からのイメージ

最上階にはテラス付きのスカイロビーが設けられます。高さ約100m近く、北向きとなるようですので大阪城を目の当たりにでき、その先にはOBPや梅田方面のビル群が一望できるので夜景はさぞ素晴らしいものとなるでしょう。

南からのイメージ

また足元には外部テラスを備えるMICEにも対応したバンケットホールなども整備されます。

南から俯瞰したイメージ
西から俯瞰したイメージ

計画地と周辺を俯瞰したイメージです。北の大阪城公園と南の難波宮跡公園という大阪市内を代表する歴史公園に挟まれた立地となっています。

南西からのイメージ

上記の完成イメージ図は芝生が敷設された史跡指定地から見たA敷地に建つホテル棟です。

南からのイメージ

こちらはホテル棟の東に建つ減築されたNTT西日本馬場町ビル(B敷地)の様子です。減築後は通信ビルとして活用しながら、屋上に大阪城を正面に臨むオープンスペースが整備されます。

現地の様子(2024年5月)

西からの眺め
南西からの眺め
南西からの眺め

約3ヶ月ぶりの現地となります。2基あったタワークレーンも1基のみとなり、もう外観は8割方できてんちゃう?と思うほど完成形に近いものとなってきました。

南からの眺め
南東からの眺め

徐々に成長していくことで見慣れてしまったためでしょうか?想像していたほどの存在感を感じません。

東からの眺め
北東からの眺め
北東からの眺め
北からの眺め

とはいえ大阪城方面から見ると濠や石垣の後方にひょっこり建つ洗練された姿は、異形なものとして行き交う人々には写っているのかもしれません。

北西からの眺め
北からの眺め

訪れた日も相変わらず大阪城は多くの外国人観光客で溢れていました。その数はもはやコロナ前の比ではありません。先日本計画とはちょうど大阪城を挟んで反対にあるダブルツリーbyヒルトン大阪城が開業しました。ともに大阪城ビューを売りにするホテルとなりますので、本計画が開業後の綱引きが大変面白そうです。

西からの眺め

また本計画の西では同じ事業主となるNTT都市開発により難波宮跡公園(北部ブロック)整備が進められています。ともに2025年春と同時期を予定していますので、一体化された公園として外国人観光客だけでなく近隣の方々も集う賑わいの場を創出することになります。大阪城という国内でも有数の観光地を中心に動き出していた再開発がここ数年で一気に開花することで、国内外の観光客による大阪城詣はさらに増すことになりそうです。

おすすめ

1件の返信

  1. さんたん より:

    記事にされる度に書いてる気もしますが、隣の減築は一向に始まりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です