google-site-verification: google0351ab5881654535.html

2基目のタワークレーン登場!堺筋本町のランドマークとなる再開発!ローレルタワー堺筋本町 22年3月の様子

ローレルタワー堺筋本町は2024年3月工事完了目指し、大阪市中央区久太郎町に建設中の総戸数511戸のタワーマンションです。以前こちらにはプロルート丸光という会員制の総合卸会社のビルがありましたが、2017年に隣接する駐車場とともに近鉄不動産等4社に売却されました。



計画概要

★所在地/大阪市中央区久太郎町二丁目35番の一部

★敷地面積/3,141.68㎡

★延べ面積/52,191.91㎡

★階数・高さ/地上44階・153.00m

★総戸数/511戸

★工事完了予定/2024年3月31日

計画地

計画地は東が堺筋に面し、大阪メトロ堺筋線と中央線の「堺筋本町駅」から徒歩1分の南西に位置します。北側には直接面していませんが、東西方向の道路、中央大通りと阪神高速13号東大阪線の高架が走っています。

完成予想図

出典:ローレルタワー堺筋本町

「スカイ・アドレス」と呼ばれる空に接する頂部のライトには光を集め、天空に輝くティアラのようなイメージを創出します。純白のシルクを纏ったように気高く、それでいて包み込むような優しさを表現していそうです。

出典:ローレルタワー堺筋本町

外観ファザードは各面に規則正しい水平ラインと不規則な垂直ラインが施され、コーナー部分には柔らかな曲線を採り入れられています。

出典:ローレルタワー堺筋本町

周辺にはタワーマンションをはじめ多くの高層ビルが建ち並ぶ堺筋本町エリアにおいても、大変存在感のあるタワーマンションとなりそうです。昼夜問わずシンボリックで堺筋本町のランドマークとなる存在でしょう。

現地の様子(2022年3月)

西からの眺め
南西からの眺め

1月末に敷地内の西側にタワークレーンが登場していましたが、3月になってから計画地内の東側に2基目のタワークレーンがお目見えしていました。

南西からの眺め
南からの眺め
南からの眺め

中の様子をガッツリ確認はできませんが、束ねられている鉄筋が見えていました。それにしてもひとつの現場に複数のタワークレーンが建つと高揚感も倍になります。

計画地東を走る堺筋からの眺めです。これだけで既に壮観な眺めではありますが、広い通りに面している本計画は視認性が高いので、これから躯体が空に伸びてくると多くの人々の注目を集ることとなるでしょう。

堺筋の高層ビル

さてタワークレーンは複数建ちましたが、建物そのものはまだ姿を現しているわけではなく、毎度変わらない写真ばかりになってしまっています。さすがに申し訳ないので、ちょっとした小ネタでお茶を濁そうと思い、上記に堺筋沿い(正確には堺筋から東西各1区画内)にある高さ100m以上のビルを地図に落とし込んでみました。

淀屋橋から本町あたりはさすがに数本の高層ビルが建ち、歩いていても高いビルが目に飛び込んできます。ただ本町以南となると長堀橋駅の周辺に2本あるものの、一気に数が減ってしまいます。そして本町から長堀橋間では本計画が唯一の高層ビルとなります。それだけ本計画が希少であり、目立つ存在となることからランドマークとしての役割をしっかりと果たしてくれそうです。そして2年後の2024年3月の完成までに、新たな堺筋沿いの計画が発表され、上記の地図に加筆したいものです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。