google-site-verification: google0351ab5881654535.html

南港咲洲の複合施設再開発!西尾レントオールR&D国際交流センター開発B敷地 22年8月の様子

北東からの眺め

建設機械・機具全般、産業用機械などのレンタル事業を展開する西尾レントオールは大阪市住之江区の南港(咲洲)に業務・研修所・宿泊施設・MICE関連施設・展示場・木造アリーナなどを整備します。




計画地

大阪以外の方はあまり南港(咲洲)は馴染みがないかと思います。大阪駅(梅田)からの鉄道アクセスは数通りありますが、どれも少なくとも1回の乗換は必要となり、時間としては30分弱は要します。また2025年開催の大阪・関西万博やIRの予定地でもある夢洲の南に位置する人口島でもあります。

場所は大阪府の咲洲庁舎の北東に位置する2区画(A敷地 B敷地)となります。A敷地に隣接する南側ではスポーツ用品メーカーであるミズノの新研究開発拠点が建設中です。

計画概要

★所在地/大阪市住之江区南港北1丁目8-1、8-4

★敷地面積/20,116.23㎡

★延べ面積/9,918.00㎡

★主要用途/事務所、研究開発・展示施設、研修施設

★階数・高さ/地上2階・17.2m

★工事着手予定/2021年10月上旬

★工事完了予定/2023年3月下旬

配置図やイメージパースによると敷地内に北棟と南棟の2棟の建物が建てられるようです。無機質な南棟と正面のエントランス部と思われる箇所に大きなガラス張りが施されている北棟の対比がなかなか面白い建物です。ただその特徴的な外観から耳目を集める木造アリーナが建設されているA敷地と比べると、やはり地味な印象は拭えません。




現地の様子(2022年8月)

北西からの眺め

手前に見えているのが北棟です。わかりづらいとは思いますがメッシュのシートが切れている先、向かって右側が南棟です。

南からの眺め
東からの眺め

こちらは南棟となります。かなり大きな建物ではありますが、高層ビルの現場に現れる骨太な鉄骨達と比べると華奢な印象ではあります。

東からの眺め
北東からの眺め

後方には南港の象徴である大阪府咲洲庁舎(地上55階・高さ256m)とミズノ大阪本社ビル(地上31階・147m)が見えています。

北からの眺め
西からの眺め

巨大な南側棟と小ぶりな北棟が並んでいますが、かなり近接しています。別棟ではあるものの渡り廊下などにより繋がるのでしょうか。

コスモスクエア駅からのアクセス

B敷地方面

B敷地の北西角には大阪メトロ中央線「コスモスクエア駅」から繋がるデッキが繋がっています。駅から計画地までは直線距離で400m以上あり、地上を歩くとなると埋立地特有の広い車道が多く、無駄に何回も横断歩道を渡る必要がありますので、このような人道橋の存在は不可欠となります。

コスモスクエア駅方面

はるか先のタワーマンションの後方に「コスモスクエア駅」が位置しています。

A敷地方面

またこのデッキはA敷地に向かうことも可能となっており、さらにその先にある大阪府咲洲庁舎とも将来的には繋がるので、回遊性は大変高まるかと思います。

北西からの眺め

最後はそのデッキからの様子です。本計画には展示施設として、どれだけ稼働率を高め、人を集めることができるかという点に注目しています。南港は未だに手を付けられていない敷地が広がり、人の気配もなく寂しい限りです。展示施設ということで常時人が集うという施設ではありませんが、今後の開発を呼び起こすような呼び水となってもらいたいものです。




おすすめ

2件のフィードバック

  1. さんたん より:

    なんだか高さのない物流施設みたいですね。

    • osakanearfuture より:

      コメントありがとうございます。
      私もそのように感じました。
      愛想なさすぎ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。