google-site-verification: google0351ab5881654535.html

ついに最頂部に到達!東梅田の再開発!アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 22年5月の様子

南西からの眺め

アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉は大阪市北区曽根崎にて2022年12月の開業を目指し建設中の総客室数1704室を誇る超大型ホテルです。




計画概要

★所在地/大阪市北区曽根崎2丁目1番他

★敷地面積/3,127.33㎡

★延べ面積/35,602.36㎡

★階数・高さ/地上34階・122.65m

★客室数/1704室

★工事完了予定/2022年12月下旬

出典:アパホテル&リゾート

頭頂部にオレンジの背景色によるサインを掲げ、各面には垂直のラインが施されています。1階のエントランス周りもはオレンジの鳥居のような入口と、外観はいわゆるアパホテルです。

計画地

梅田駅前タワーという名称ですが、計画地は梅田でもかなり東に位置しています。最寄駅は梅田駅ではなく、大阪メトロ谷町線の東梅田駅となります。




計画地の北側では梅田ガーデンという高さ約190mの複合ビルがまもなく開業し、手前の放置された空き地は元曽根崎公設市場跡です。大阪市は処分を予定していますので、数年後には何かしらの開発があるかもしれません。

現地の様子(2022年5月)

北からの眺め
東からの眺め
南からの眺め

ついに塔屋を残すのみとなり、ほぼ育ちきりました。外観もいわゆるアパホテルのそれになりつつあります。

西からの眺め
西からの眺め

ちょっと視界が開けた場所なら、もうどこでもその姿を確認できます。完成後は天空を照らすライトアップされた姿を誰しもが目にすることでしょう。

北西からの眺め

阪急百貨店と阪神百貨店、そして大丸の梅田の3つの百貨店をつなぐ大阪駅南のデッキからの眺めです。手前に建つ地上29階・高さ104.29mの清和梅田ビルの横からちょこっと遠慮がちに顔を出してくれています。

大阪駅前第4ビル33階の高さ約140mからの眺めです。左(北)に建つ高さ190mの梅田ガーデンと比較するとおチビちゃんではありますが、マッチアップした2棟は梅田に新たなスカイラインを生み出して、大変見応えがあります。

成長の軌跡(2022年1月→5月)

南西からの眺め(1月19日撮影)
南西からの眺め(2月16日撮影)
南西からの眺め(5月2日撮影)

ほぼ同じ場所から比較してみました。さすがに2ヶ月半ぶりとなると全然違います。

北東からの眺め(1月19日撮影)
北東からの眺め(2月16日撮影)
北東からの眺め(5月2日撮影)

こちらからの眺めは、前回より少々引きです撮影しないと全体が収まりません。

高さとしてはもうほぼ成長し終えた感なりますので、あとはビルの外観と外構が構築されていくのが楽しみです。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。