google-site-verification: google0351ab5881654535.html

心斎橋の南!お寺さんとホテルの融合再開発!(仮称)三津寺ホテルプロジェクト新築工事 22年1月の様子

(仮称)三津寺ホテルプロジェクトは御堂筋沿いの大阪市中央区心斎橋筋二丁目にある三津寺の敷地内にて、本堂を移設後、2023年6月の工事完了を予定し、建設中の複合ビルです。

計画概要

★所在地/大阪市中央区心斎橋筋二丁目25番8

★敷地面積/893.61㎡

★延べ面積/9,529.41㎡

★階数・高さ/地上15階・59.95m

★工事完了予定/2023年6月30日

こちらのビルの下層階に本堂を設けるというか、本堂を覆うように上にビルを建てるという珍しい複合ビルとなります。

位置図

計画地は御堂筋に面した心斎橋と難波の中間に位置します。大阪メトロ御堂筋線の「心斎橋駅」「難波駅」の両駅どちらからでも徒歩約7〜8分といったところでしょうか。

現地の様子(2022年12月)

西からの眺め
南西からの眺め

本堂はまだ剥き出しですが、ビルそのものが建ち上がってくると上空を覆われることとなります。

南からの眺め

60mの高さしかありませんが、周りにはそれほど高いビルはありませんので、なかなかのアクセントになりそうです。

南東からの眺め
南西からの眺め

4階より上はホテルが入居するようですが、ホテルのブランドについては未だ明らかにされていません。

北西からの眺め

このあたりは人通りも多く、視認性も抜群ですので本堂と一体となった下層階がライトアップも含めてどのように彩られるのか、大変興味深いプロジェクトです。

西からの眺め

御堂筋沿いの再開発案件の多くは心斎橋以北に位置しています。本件は数少ないというか、唯一といってもよい御堂筋沿い心斎橋以南の再開発案件です。本堂がビルの中に組み込まれた姿は、行き交う人々の耳目を集めることでしょう。さらにそのビルそのものがどのような外観で、心斎橋にどのような新しい風景をもたらしてくれるのか、今から大変楽しみです。

、、

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。