google-site-verification: google0351ab5881654535.html

新たなスカイラインを形成する東梅田の再開発!アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 22年7月の様子

南西からの眺め

アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉は大阪市北区曽根崎にて2022年12月の開業を目指し建設中の総客室数1704室を誇る超大型ホテルです。




計画概要

★所在地/大阪市北区曽根崎2丁目1番他

★敷地面積/3,127.33㎡

★延べ面積/35,602.36㎡

★階数・高さ/地上34階・122.65m

★客室数/1704室

★工事完了予定/2022年12月下旬

出典:アパホテル&リゾート

頭頂部にオレンジの背景色によるサインを掲げ、各面には垂直のラインが施されています。1階のエントランス周りもはオレンジの鳥居のような入口と、外観はいわゆるアパホテルです。

計画地

梅田駅前タワーという名称ですが、計画地は梅田でもかなり東に位置しています。最寄駅は梅田駅ではなく、大阪メトロ谷町線の東梅田駅となります。

計画地の北側では梅田ガーデンという高さ約190mの複合ビルがまもなく開業し、手前の放置された空き地は元曽根崎公設市場跡です。大阪市は処分を予定していますので、数年後には何かしらの開発があるかもしれません。

現地の様子(2022年7月)

西からの眺め
北からの眺め
北東からの眺め

垂直のオレンジラインが入り、もはやどこから見てもアパホテルです。あとは頭部に「APA」の表札を掲げるとほぼ外観は完成ですね。

南東からの眺め
南西からの眺め

計画地の北に建つ高さ190mの梅田ガーデンとの並びです。数年前は高層ビル空白地だった東梅田駅以東が、この2棟の出現により新たなスカイラインの誕生となり、大変見応えのある景観となっています。

成長の軌跡(2022年1月→7月)

南西からの眺め(1月19日撮影)
南西からの眺め(2月16日撮影)
南西からの眺め(5月2日撮影)
南西からの眺め(7月5日撮影)

ほぼ同じ場所から比較してみました。約半年で立派な姿になりました。

北東からの眺め(1月19日撮影)
北東からの眺め(2月16日撮影)
北東からの眺め(5月2日撮影)
北東からの眺め(7月5日撮影)

5月の時点で高さを頭打ちにはなっていたので、今回はそれほど視覚的に大きな変化を感じることはありませんでした。次回訪問時には低層部や外構について動きがあることを期待しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。