google-site-verification: google0351ab5881654535.html

着工?凍結?桜橋ボウル跡 21年8月の様子

西梅田の桜橋交差点付近にあった桜橋ボウルは2020年1月に営業を終え、その後入居していたビルである「桜橋吉豊ビルディング」は解体されました。

南西からの眺めです。

桜橋ボウルといえば1972年にオープンした古参のボウリング場で私も若い頃に何度か利用しましたが、老朽化に伴うビルの建替えということで惜しまれつつ閉店となりました。

東からの眺めです。

現在はコインパーキングとして利用されていますが、建替えということで地上16階建てのオフィスビルとして2023年の竣工を予定しています。

南からの眺めです。

先述の規模を考慮すると、コインパーキングとして利用する期間はそれほどないと思います。もしくは予定していますではなく、予定していました!になってしまった…という可能性もあるのか。

計画地は梅田と堂島の中間点、いわゆる西梅田と称されるエリアです。JRや阪神、大阪メトロの各駅からも便利な立地です。

梅田エリアは大阪・関西万博の開催される2025年前までに広大な床面積を有する大型のビルによるオフィス床の供給が予定されています。

本件がそのような大型のオフィスビルとは性質が違う希少な中型のインテリジェンスビル計画であれば、需要はまだまだあると思いますが、ここ数ヶ月、それこそ年内に動きがあるのか要注目です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。